ためしてガッテンで紹介されたシミの原因とは

肌に出来てしまう謎の赤いシミはどうして出来てしまうのでしょうか。


朝の洗顔から始まり、UVケア、寝る前のマッサージなど完璧なほどにスキンケアをしてシミ対策をしているにもかかわらずできてしまうシミは何が原因なのでしょう。


それは、意外にもそのスキンケアの中に隠されていました。


シミの原因となっていたのは摩擦です。


摩擦によって肌にどのような影響があるのか、化粧とメイク落しを使って2週間の間、肌をこすり続けました。


するとあの謎の赤いシミが出来ました。


この赤いシミの正体は摩擦によって炎症で拡がってしまった血管が見えていたのです。


シミの原因が炎症とはどういうことなのでしょうか。


メラニン色素には活性酸素を還元する働きがあり、慢性的に炎症が起きているとメラニン色素がたまってしまいシミになります。


このようなことで出来てしまったシミはこすらないようにしましょう。


医療機関においても洗顔法や化粧法で摩擦の起きない方法を指導しています。


しかし、この対策には条件の違いで大きな差のある結果をまねきます。


それは紫外線の強い季節はあまり効果が期待できないということです。


そのため、秋や冬に治療をすることによって良い効果が得られます。