肝斑って?

30代〜40代以上の女性によく見られる肝斑とは一体何なのでしょう。


通常のシミとは違い、額や顎、鼻の下などに左右対称にべったりとした感じの淡褐色のシミが現れます。


肝斑は紫外線だけではなくホルモンバランスとの関係が強いようです。


体調不良などでホルモンバランスが崩れた時に、女性ホルモンの中の黄体ホルモンがメラノサイトを刺激します。


するとメラニンが大量に作られ、肝斑が出来やすくなってしまいます。


肝斑は日本人の皮膚に出来やすく、なかでも浅黒い皮膚の色をしている人はとても出来やすい傾向にあります。


また、妊娠中に現れることも多く、徐々に濃い色に変わっていきます。


産後には消えていきますが、長期にわたり持続してしまう場合もあるでしょう。


肝斑は安易にレーザーで治療を行うと悪化してしまう可能性があります。


そのため即効性はありませんが、ビタミンCやビタミンEの摂取やアルブチンやリノール酸の美白美容液などを使った治療が効果的です。


肝斑