シミの原因って?

シミが出来てしまう原因は様々ですが、最も多い原因は紫外線です。


肌は日に当たるとメラニンが生成され、肌を守るために黒くなります。


そしてターンオーバーが正常でなかったり、過剰に作られてしまったメラニン色素は肌に残ってしまい、結果としてそれがシミとして肌に残ってしまいます。


女性ホルモンのバランスがくずれているとき、子宮などの働きが弱まっていたり、異常があったりするとシミが出来やすくなってしまいます。


女性ホルモンの中でも黄体ホルモンというものが通常よりも多く分泌されてしまうとシミが出来やすいので、ホルモン剤であるピルなどの使用をしている人は注意が必要です。


また、ストレスを溜めてしまったり、自律神経に乱れが生じたりというのもよくありません。


食べ物でもシミの原因を作ってしまうものがあります。


レモンなどの柑橘系、セロリやパセリなどは大量に摂取してしまうとソラレンという物質が含まれているため、日光に当たるとシミが出来る原因となります。


他にも内臓のトラブルや、肌への過剰な刺激、加齢によってもシミは出来やすくなります。