レーザー治療の副作用・後遺症は?

レーザー治療を行った後に起こりやすい副作用があります。


それは炎症性色素沈着というものです。


レーザーによる強い炎症が長く続くことでメラニンが急増し、肌を守るために黒くなります。


炎症が長く続くほどに黒ずみはひどくなってしまいます。


そして治療部分はかさぶたになり、正常な肌になるまでには時間がかかります。


また、レーザーによって火傷をおってしまったという例や施術前よりも濃いシミになってしまったという例もあります。


最近話題になっている肝斑はレーザーの照射が禁止されていますが、医師がシミと間違えてレーザーを当ててしまい悪化させてしまうといった失敗もあります。


また、シミの下に存在していた肝斑に気づかずにレーザー治療を行い、シミはきれいになったもののその下の肝斑がひどくなってしまったということもあります。


このような副作用や後遺症・失敗などが起こらないためにも病院やレーザー機器は慎重に選んでいただきたいと思います。